包装資材でお悩みならパッケージ通販の「開業支援net」

  • HOME
  • カートに入れる
  • ご利用方法
  • 開業支援netについて
  • お問合せ
から包装資材を探す

商品パッケージの作り方

商品が売れるかどうかは、商品の入っているパッケージに左右されることもあります。
どんなに中身が素晴らしい商品でも、パッケージが合っていなければ商品の魅力が伝わらず売れないこともあります。
ここでは、商品パッケージの作り方について、どういう点に気を付ければ良いかを説明します。

商品パッケージの内容を企画する

商品パッケージの作り方としては、まず、どんなパッケージにするかを企画するところから始めます。
具体的には、以下のような点から考えてみましょう。

ターゲットを想定する

商品の販売を開始するときには、まず、どんな顧客層に対して売りたいかというターゲットを明確にすることが大事です。
ターゲットを想定することで、それに合わせた商品パッケージを作ることが可能になります。
ターゲットはどんな情報を好むのか、パッケージで何を伝えるべきかを考えましょう。

例えば、女性がターゲットであれば、黒っぽい色のパッケージよりも、優しい色やデザインのパッケージが好まれます。
女性向けのおしゃれなかわいいパッケージにすることで、商品を購入へのハードルを下げることにもなるため、パッケージのデザインは重要です。

商品の販売場所を考える

ターゲットに商品を届けるにはどんな場所で販売を行うべきかを考え、それに合わせてパッケージも企画しましょう。
例えば、ターゲットが子育て中でなかなか家から出られない主婦であれば、通信販売を利用することが多くなります。多少かさばるパッケージでも、お子さんが喜ぶようなもの、再利用できるようなものが喜ばれます。

若い独身世代がターゲットなら、繁華街で買物することも多いので、持ち歩く時間も長くなります。スタイリッシュなデザインのパッケージにすることで持ち歩いてもらいやすくなり、さらにロゴや商品名を入れることで広告としても効果的です。

商品に合ったパッケージを作成する

商品パッケージは、商品に合ったものを作成することが大切です。
例えば、食品の場合には、保存に適したパッケージでなければなりません。そのため材質や保存性にも注意する必要があります。

オリジナルのパッケージを製作する場合、パッケージ製作会社に依頼する方法、または既製品のパッケージを購入し、これに印刷を加えたり自社のパソコンで作成したラベルを貼付したりすることにより、オリジナルパッケージを作る方法があります。
1〜数百個など少量の場合は既製品+ラベル1000個単位では既製品+オリジナル印刷、をお勧めします。



商品パッケージは、製作方法、種類、形状、材質、必要な枚数などによってかかる費用が変わってきます。パッケージ製作方法毎に比較を行い、コストが適当かどうか検討してみましょう。 パッケージデザインは、商品を覚えてもらうため慎重に考えなければなりません。他社の同種の製品を参考にしながらも、独自性のあるものを考えましょう。
パッケージができたら、商品を包装し、お客様の元へ発送します。商品パッケージを実際に使ってみた後も、改善すべき点がないかどうかを考えてみましょう。

お店や商品のイメージのため、商品パッケージをどうするかは重要です。お客様に喜んでいただき、安心して商品を使っていただけるよう、商品を包装するパッケージにはできるだけこだわりましょう。
商品パッケージで悩んだら、テンプレートもダウンロードできるパッケージデザインのおまとめサイト「パッケージデザインnet」を参考にしてください。

パッケージデザインのおまとめサイト「パッケージデザインnet」