包装資材でお悩みならパッケージ通販の「開業支援net」

  • HOME
  • カートに入れる
  • ご利用方法
  • 開業支援netについて
  • お問合せ
から包装資材を探す

魅力的な商品説明のコツ

今ではネットショップだけではなくフリマアプリやオークションサイトで誰でも物を簡単に売れる時代になりました。
そこでネットで物を売り始めたものの、思うように商品が売れずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこでお伝えしたいのが“商品に添える説明文”を見直すことです。
実際に商品を手にとって見ることができないネットの場合、商品説明の質が売り上げを左右します。
そこで今回は、魅力的な商品説明の書き方のコツを3つ解説していきます。
       
商品 説明,商品 売れる,商品詳細,配送 方法,梱包材,梱包 資材

1.すぐに商品をイメージできる内容

‐ι幣楮

商品 説明,商品 売れる,商品詳細,配送 方法,梱包材,梱包 資材
商品詳細はどのような商品なのかを端的にわかりやすく書きましょう。
その商品はどのような用途で使うものなのか、ターゲット層に響くような情報は書いているか、パッケージを見ただけではわからない情報も具体的に書いていきましょう。

⊂ι覆離瓮螢奪

メリットはお客様の買いたい気持ちを膨らませる大事な要素です。
メリットをわかりやすく書くために実際に自分でその商品を食べたり使ったりしながら商品説明を書いていくと消費者がイメージしやすい文章に仕上げやすいためおすすめです。
商品 説明,売れる 商品 説明,商品説明 コツ,商品PR ,梱包 用品

商品のデメリット

売れる 商品 説明,商品説明 コツ, 商品 説明,メルカリ 売れる,梱包 用品
商品PRにおいてメリットばかり書いてしまいがちですが、意外に重要なのがこの“デメリット”です。
ネットで商品を注文する場合、現物で素材やサイズ感がわかりにくいため、少なからずお客様は不安な気持ちを持っています。
そのためデメリットに対する対処法や注意点を添えて書くことで、商品に対する不安をやわらげ信頼性を上げることができます。

ぞι覆陵用イメージ

そして実際買ってみて思っていたものと違った!というギャップを少なくしていくのに重要なのが“利用イメージ”です。
アパレルならスタッフの着用イメージ写真や実際に使った感想をいくつか準備しておくことをお勧めします。
実際にその商品を使った画像や感想を載せることで消費者もイメージがしやすくギャップを埋めることができます。
口コミも消費者の判断材料の一つになるのでおすすめです。
商品 説明,売れる 商品 説明,商品説明 コツ, 商品 説明,梱包 用品

2.狙ったターゲットに響く言い回しにする

商品説明を作成する場合には、読み手となる消費者は専門知識を持っていないという前提で書くべきです。
そこでポイントとなるのが、ターゲットとなる顧客層に合わせた言い回しをするということです。
例えば、シニア世代が使うことを想定した商品の説明文には横文字を避けたり、子どもをターゲットにした商品の説明文の場合は母親に安心感を与えるような書き方を心掛けたり、ターゲットに合わせて言い回しや用語を使い分けていきましょう。
もし特別な技術や製法を入れる必要がある場合には、「従来よりも熱に強い○○」というようにその良さをイメージしやすい言葉を添えることもポイントです。
口コミも消費者の判断材料の一つになるのでおすすめです。
商品 売れる,商品詳細,商品PR,梱包材,梱包 資材

3.他の商品との違いをアピールする

商品 売れる,商品詳細,商品PR,梱包材,梱包 資材
競合商品が多数存在する場合には、他の商品との違いを商品説明の中でしっかりとアピールすることも大切です。
例えば商品が食品の場合には生産者をアピールしたり、
商品を入れるパッケージを強調したりすることも効果的な方法でしょう。
同じような機能、特徴を持った商品であっても、商品説明において独自の視点で魅力を伝えるような工夫が必要です。

最後に

商品説明の役割は、その商品の魅力や特徴を消費者にアピールすることです。
そのためにはお客様の立場に立ち、お客様にとってわかりやすい文章でなくてはいけません。
文章に適度な間をあける。文字の書体をそろえる。言葉遣いを丁寧にする。
違う角度からの写真をなるべく多めに載せるだけで商品説明がグッとわかりやすくなります。
上記の内容を参考にして魅力的な商品詳細を書いておくことで商品のパッケージに記載する事項が少なくなりパッケージデザインの幅が広がります。

クリックしてもらえないとせっかく書いた魅力的な商品詳細を読んでもらえないため、商品説明を見直すと同時にクリックしてもらえるような魅力的なパッケージデザインになっているかどうかも見直しましょう!

パッケージデザインのおまとめサイト「パッケージデザインnet」