包装資材でお悩みならパッケージ通販の「開業支援net」

  • HOME
  • カートに入れる
  • ご利用方法
  • 開業支援netについて
  • お問合せ
から包装資材を探す

基礎知識・お役立ち情報

パッケージ袋はどうやって封をするの?

当社のパッケージ袋は開口箇所から内容物を入れ、開口部分ををシール機により熱溶着し密閉します。チャック付のスタンド袋はチャック側に熱溶着して封を行い、平袋タイプについてはチャック側はあらかじめ封がされていますので、中身は下側から入れ袋の口をシール機で熱溶着し、密閉します。完全な密閉を求める場合はシール機による密閉が必要です。脱酸素剤(エージレス)をご利用になる際はガスバリア性のある袋に脱酸素剤を同封し袋内を無酸素状態に保つことによって中身の劣化を防止するため、シール機での密封を行う必要があります。また湿気に弱い食品の防湿には乾燥剤(フジシリカゲル)をガスバリア性のある袋内に同封し使用しますが、その際にも熱シール機による密封が必要です。

シール機の使い方

当社販売商品のインパルス方式のシーラーは加熱工程の時だけ瞬間的にリボン上のヒーターに通電し過熱を行います。袋をシーラーに差し込んでレバーを引くとすぐに熱溶着できます。シーラーご利用の際は袋の種類、厚みにより必要となる加熱時間は異なります。加熱時間は使用される袋がシールできる最短の時間で設定します。(必要以上の加熱は部品を痛める原因となります。)





シーラー商品はこちら