包装資材でお悩みならパッケージ通販の「開業支援net」

  • HOME
  • カートに入れる
  • ご利用方法
  • 開業支援netについて
  • お問合せ
から包装資材を探す

陳列棚を利用した商品の見せ方

店舗づくりには欠かせないのが売り場のディスプレイです。商品を単純に並べるだけでなく、お客様が見やすく、購入しやすい売り場づくりが大切です。そこで陳列するときに活躍してくれるのが店舗什器(じゅうき)です。商品がきれいに陳列されていたり、種類ごとに分かりやすく陳列するだけでも、お客様の購買意欲を高めることができます。そこで今回は販売台を利用したディスプレイをご紹介していきます。

店舗什器(じゅうき)とは

店舗什器とは、 棚 ショーケース テーブル アクリルボックスなど、店舗で使う機材を大まかに示しています。材質も金属・プラスチック・紙など様々であるが、使用目的に合わせて安全性や耐久性が考慮されています。

レジ横スペースを有効活用


「ついで買い」を促進

購入商品を決め、レジに並び、待ち時間があるとついレジの横や近くに置いてある商品を見て、その商品もついでに買ってしまう傾向があります。少しのスペースにも置けるコンパクトな販売台を利用して販売することで、客単価のアップ、売上を増加も期待できます。

在庫の確認や補充もしやすい



フック陳列でアピール

フック陳列というのは、フックにかけて商品を陳列する方法のことで、ドラッグストアで売られている歯ブラシをイメージすると分かりやすいのではないでしょうか。フック付きの販売台で吊り下げることで商品が見やすく、在庫の確認がしやすいという特徴です。





催事や期間限定ショップなどで


ブースで大活躍

最近、各地で頻繁に開催されているマルシェなどのイベント、POP UP STOREなどで短期的な出店や道の駅で販売や委託販売されている方も多いのではないでしょうか?オリジナルの陳列棚を特注すると費用もかかってしまう。そういうお悩みにぴったりの1台から購入できる販売台です。段ボール製で軽量なため、持ち運びもスムーズです。また、その場で組み立て・分解もでき、搬入・搬出作業も楽になります。