包装資材でお悩みならパッケージ通販の「開業支援net」

  • HOME
  • カートに入れる
  • ご利用方法
  • 開業支援netについて
  • お問合せ
から包装資材を探す

シニア向けの見やすい・分かりやすいデザインとは?

商品の魅力を伝えるために欠かせない「パッケージ」。販促効果を高めるためには、その商品のターゲットに合わせたデザインのパッケージを作ることが大切です。では、シニア向けの商品の場合には、どのようなパッケージデザインが理想的なのでしょうか。シニア向けデザインを考えるうえですべての人が使いやすいようなユニバーサルデザインの考え方が重要になってきます。それを踏まえて、シニア向けのデザイン作成の際の大切なポイントを説明していきます。

シニア向けデザインのポイント

シニア向けのパッケージデザインを作成する際に、まず意識したいのが「文字」の使い方です。シニア向けデザインだからと言って、ただ文字のサイズを大きくすれば良いというわけではありません。次の2つのポイントを意識してみましょう。

1. シニアが見やすい文字のパッケージデザイン

シニア パッケージ,シニア 向け パッケージ,子ども 向け デザイン
シニアをターゲットとした商品のパッケージデザインでは、まず文字の大きさに気を配る必要があります。若い世代と比べるとどうしても視力が低下してくるので、通常よりも文字サイズは大き目に行間も文字サイズの1.5〜1.75倍ほどにすると高齢者の方が見やすいデザインになります。 また、横文字は避けてできるだけ日本語での表現を意識しましょう。 フォントは明朝体より、ゴシック体のほうが読みやすいとされています。さらに手書き風の文字や、やわらかい印象の字体がシニアに好まれやすいデザインとされています。



2. シニアに伝わる内容のわかりやすさ

これはどんなパッケージデザインにも共通することですが、「わかりやすい言葉で、簡潔にまとめる」ということがとても重要なポイントです。とはいえ、「高齢者」、「お年寄り」というようなストレートな言葉をシニア向けのパッケージデザインにいれるのはあまりおすすめできません。シニアの方の中には、年寄り扱いされることを嫌う方も少なくないため細心の注意が必要です。



シニア向けの配色のポイント

パッケージデザインを考える上で大切な「配色」ですが、シニア 向けのパッケージデザインを考える場合には、見た目を重視するのではなく、お年寄りの方たちの「見え方」について正しく理解しておく必要があります。

1. シニアの方の色の見え方

シニア 向け デザイン ユニバーサル デザイン 高齢 者 高齢 者 見やすい デザイン
私たちの視力は年齢を重ねるごとに疲れやすくなったり、かすんだり、ピント機能が低下するいわゆる老眼と言われる症状が現れやすくなってきます。これに加えて高齢者の場合には、黄色や灰色といった色が見えづらくなったり、明度の違いがはっきりと見えなかったりと、色そのものの「見え方」まで大きく変化してきます。シニア向けのパッケージデザインをする場合には、この点を十分に理解しておくことが大切です。



2. シニアの方が見やすい配色

では、シニア向けのパッケージデザインではどのような配色が好ましいのでしょうか。ポイントは、コントラストがはっきりとした色使いという点です。商品名などの伝えたい情報と背景の色とが同じでは、全体がぼやけた印象になってしまいますので注意しましょう。



シニアの方に好まれるデザインのポイント

生き生きと自分の人生を楽しんでいる現代のシニア世代。シニアの方の中には年寄り扱いを嫌う人も少なくありません。ですから、シニア向けのパッケージデザインを考えるときには「いかにもお年寄り」というイメージは避けた方が良いでしょう。では、どんなデザインが好まれるのでしょうか。ポイントは「シンプルかつ上品」であること。重厚な色合いや高級感を感じさせるデザインがおすすめです。

高級感のあるパッケージの作成方法は『高級感のあるパッケージデザイン』の記事をチェック!


お手軽プリントを使ってシニア向けパッケージを作ろう!

パッケージ デザイン,シニア 向け パッケージ,シニア 向け デザインお手軽プリントとはWebブラウザ上でラベル等のデザインが作成印刷できるインストール不要の無料アプリです。パソコンとプリンターがあればお手軽プリントを使い、オリジナルのラベルを作成することができます。
ラベルだけではなく、のしや袋も自分で印刷可能です。
このお手軽プリントのデザインテンプレートを『パッケージデザインnet』で無料で公開しています。
デザインを書き換えて作ればオリジナルパッケージが簡単に作成できます。QRコード、バーコード、一括表示例なども印刷できます!今回の説明をもとに、お手軽プリントを使ってシニアに向けたパッケージを作りましょう!


▼パッケージのイメージを見つけるならパッケージデザインnetへ!
無料テンプレートを使ってオリジナルのラベルやパッケージが1枚から簡単にすぐ作れます。
パッケージデザインのおまとめサイト「パッケージデザインnet」